道場ニュースNews

HOME > 道場ニュース > 2024ヨーロッパオープンキャンパスレポート

2024ヨーロッパオープンキャンパスレポート

ブルガリア・プリモルスコで行われたヨーロッパオープンキャンプに参加させていただきました。ブルガリアに気持ちよく送り出してくださった見山師範には感謝しかございません。キャンプにはブルガリアをはじめ、ヨーロッパ諸国、チュニジアやアメリカからの師範や先生もお見えになりました。海外の方々の熱意は類い稀に見るもので、本当に心から極真館の空手を学びたいという気持ちが伝わりました。その姿を見て、自分もさらに精進していかないといけないなと思いました。

キャンプ中は日本と違うことが多くあり、とても大変でしたが、それを忘れるくらい非常に充実した内容で得ることや学ぶことが多くありました。
特に盧山会長が直接指導してくださった「極真館の教科書シリーズ」は改めて、自分の極真館の生涯修行を決意するきっかけになり、自分の道着・黒帯に刻まれている「極真館」という文字の責任感や重みを感じることもできました。
多くの国の「極真館ファミリー」の子供たちや先生方、師範方と稽古や食事会を通じて繋がりを感じるとともに、日本人の有段者としてまた、蓮田支部の指導員としての意識が一層高まりました。この気持ちを忘れずに日々精進してまいります。
今回のキャンプで学んだことを見山道場での指導に役立てることで皆様に恩返しさせていただきたいと思います。
改めて、このような機会をくださり、また参加を許可していただきありがとうございました。国際行事にもこれから積極的に参加させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

最後になりましたが、このたびお世話になった盧山会長をはじめ石島師範ならびに各国の師範、先生の皆様、臼井祐介先生、千田隼人選手、至田結愛選手、本当にありがとうございました。

押忍 吉田愛琉

TOP