道場生たちの経験談や空手に対する思い。

この道場には蓮田市のほか白岡市、伊奈町からも多くの方々が其々の目的で通っています。
入会するまでには不安や迷いは誰にでもあるものです。
しかし年齢や体力、経験などの心配は不要です。
現在通っている道場生の感想を是非参考にしてください。

下の各写真をクリックすると、それぞれの道場性の方のページにジャンプします。


case 01 道場生の声

“島澤芙美子”さん

空手を習い始めて、あっという間に2年が経ちました。「瓦を割ってみたい」という小さな好奇心で始めた空手ですが、稽古を重ねていくうちに、早く先生先輩方のようにきれいで格好良い空手をしたいと思うようになりました。
そしてそのためには、精神的に強くなることがまず根本にあることを教えて頂きました。稽古の中で師範や諸先生方がお話しされていることは実生活にも通じる点が多々あり、空手を習いつつ精神的にも鍛えられてきていると思います。
その影響もあって、今年は東京マラソンに出場し完走することができました。
まず挑戦しようという勇気、また42.195kmという長いレースの中でくじけてしまいそうな弱い自分と戦う心、全て空手を通じて得たものが多大に影響したと思っています。また大会前には師範・諸先生方をはじめたくさんの道場生の方々が応援してくださって、気持ちをさらに強く持つことができました。本当に感謝しています。
昔から、習い事は「楽しい」という気持ちを持ったまま続けることができずにいました。が、空手は2年経った今でも、というか始めた頃より更に、稽古に行くのが楽しくてたまりません、これからも空手を通じてたくさんのことを学んでいきたいと思っています。まずは、黒帯を目指してがんばります!

島澤芙美子さん

島澤芙美子さん 26才
(会社員)

case 02 道場生の声

“大渕 学”さん

『はじめての空手』
入門したきっかけは、先に空手をはじめた幼稚園の息子のがんばっている姿を見て、父親として何ができるかと考えたことでした。
もちろん、空手を学ぶのは人生ではじめてでしたので、最初はとても不安でした。けれど実際にはじめてまだ数ヶ月ですが、空手を通して得たものが多くあります。
(1)空手を通して息子や家族と同じ目標に向かって過ごす時間が増え、明るく楽しく過ごせる時間がふえました。
(2)日々稽古をしていく中で、体力的にも精神的にも鍛えられ、普段の仕事や生活への糧になる事が多くあります。
(3)日々稽古をする中で、年齢・性別に関係なく、互いに心身ともに向上しあえる仲間と出会えたこと。
このような素晴らしい体験をさせていただき、見山師範をはじめ 、諸先生方、諸先輩方、同期入門の皆様、そして家族には感謝しております。
まだまだ未熟者ですが、日々の修行に一生懸命励み、息子と一緒に黒帯取得を目標に精進して行きたいと思います。

大渕 学さん

大渕 学さん 34才
(2017年現在)

case 03 道場生の声

 “山崎 正明”さん

『メタボ改善!親子で空手』
【入門のきっかけ】
娘と息子が護身に興味を持ったので無料体験をしました。道場の雰囲気と指導体系を見てすぐに姉弟で入門をさせていただきました。
私は子供たちに誘われ6ヶ月遅れで入門をしましたが、入門を決意するに至るまで非常に悩みました。
理由は極度の肥満体型でBMI値は30を軽く超えていました。子供達の気持ちには答えたいけれど運動は難しいという思いがあり妨げになっていました。
それでも1歩を踏み出せたのは子供達への思いと妻や師範に後押しをいただけたお陰だと思っております。

【入門後の変化】
物事をポジティブに捉える様になってきているのを感じます。
その影響か子供は学校で受けていたイジメの問題が解消され今ではその子達と普通に遊ぶまでになっていて驚きです。
私自身も内面からの変化に加えて体重も落ち始めたので、その効果も手伝い以前より自信が持てる様になってきています。

【感想】
最初は子供の為と思い始めた空手ですが、今では私の方が空手に夢中です。年齢や体力に合わせて指導していただけるので自分のペースで稽古に集中しています。その結果、私生活に与えるプラスの影響も大きく心身共に健全になっていくのを感じています。
また、私自身が同じ目線に立つことにより、大変な点などを理解することができるようになったので、子供達と空手の話題で以前より説得力が増し、会話も弾むようになりました。今となっては親子で汗を流せるこの環境に感謝です。
これからも可能な限り親子で空手を楽しみたいと思います。

山崎 正明さん

山崎 正明さん 39才
(2017年現在)

“case 04 道場生の声

“鈴木 賢司”さん

『孫と一緒に空手』
子供が成長し独立することとなり、やることがなくモヤモヤしていたところ友人から空手の誘いを受けました。
この先、年々体力が衰えていく中で、何か体を動かすことを考えてはいたのですが、まさか空手を習うこととは思ってもいませんでした。
「親子で空手」の稽古をしてる方が多いというのは聞いていたので、孫と稽古を通じて過ごすことも悪くないと思い一緒に空手をしてみようと決心致しました。
引きこもりなど現代病が多くなってきたこの時代、道場での小中学生の礼儀の正しさや元気な姿を見て、幼稚園や学校では教えて貰えないものを空手を通じ、孫の成長が期待できるようになりました。 また、自分自身も成長できるよう頑張りたいと思っております。

鈴木 賢司さん

鈴木 賢司さん 48才
(2017年現在)

case 05 道場生の声

“齋藤 康男”さん

『46歳からの空手』
私は健康・体力維持が目的で46歳の時に入門しました。
入門までは年齢・体力、新たな挑戦をする事への不安など、心配ばかりが先行し暫く躊躇してましたが意を決して体験稽古を申し込みました。
あまりの緊張からか参加日を間違えて出向いてしまった事を今でも思い出します。
武道というと苦しい、きつい、痛い、封建的等、暗いイメージも連想されますが、訪れた蓮田道場はとても明るい雰囲気でした。広く清潔で設備も充実している、ここで極真カラテを学びたいと気持ちが高まり入門を決心し、翌週には凛とした空気の中で「エイ!」っと気合いを込めて無心で稽古に打ち込んでいる自分がいました。
それから4年経過し50代になりましたが、体力・技量に合わせた指導を行って頂けるライトクラスは私にとっては最適で、常に新しい目標を定め稽古を楽しみながら行う様に心掛けてます。稽古終了後、同年代の方々との談笑は共に汗を流した者が感じる連帯感で仕事も忘れ、ストレス解消の楽しいひと時になっています。
最後に「極真カラテを学ぶのに適齢年齢は無い」と背中を押して頂き、厳しくも温かな目でご指導下さる見山師範には本当に感謝しております。これからも極真カラテを通じて年齢に負けない体力・精神を鍛えたいと思います。

齋藤 康男さん

齋藤 康男さん

齋藤 康男さん 50才
(2017年現在)

address 極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
Tel048-764-6363
E-mailhttp://www.miyama-dojo.com
P-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

無料体験・見学などのお問い合わせは


無料体験・見学
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All rights reserved.