2012/8/25 はすだ市民まつり演武会

※写真をクリックすると拡大表示されます。

(レポート:酒井好夫1級)

8月25日(土)はすだ市民祭りにて蓮田支部の演武会を行いました。自分は今回で4回目の参加となります。昨年は裏拳で杉板割りを行ったのですが一発で割れずに気持ちは焦り2回3回でも割れず5回目で何とか割れましたが、手は腫れあがってしまい力の無さを感じました。

今年は蹴りにしようと思い試し割り用のバットなら折る事が出来るだろうと思っていた時、師範から今年の演武は何をしますかと聞かれたので今年はバット折りに挑戦したいと思っていますと伝えたところ、師範より今年は試し割りのバットでは無く硬式用のバットを使用しますと言われ驚きましたが挑戦する事に決めました。師範にバット折のご指導を受けた時、バットは折ろうと思ってはいけない・切るイメージで、力も必要だけどスピードが速くないと駄目です。その代わり切れた時の爽快感はあるし足も全然痛くないと教わりました。その日の稽古後から自主トレは砂袋・サンドバックを蹴り、私生活では歯磨き・通勤電車内では常に爪先立ち、テレビを観ながらビール瓶で足首・脛を叩き足を鍛えました。

お祭り当日12時からリハーサルが始まり、整列・少年部板割り・型・中学生杉板割り・一般部杉板三方割り・バット折り・武器術・裏技模範組手と3時間行いました。リハーサル中も自分はバットが折れるか不安でしたが、師範を始め先輩方や道場生の皆さん、そして子供達からも頑張ってと応援して頂き力が湧いてきました。

いよいよ本番、子供たちの板割りが始まり3枚・4枚を割る子もいましたし、後ろ回し蹴りや踵落としと高度な技で割る子もいて、みんな見事に成功していました。中学生杉板割りの5名も一発で成功させ力強さを感じました。先輩方の杉板三方割りも迫力があり、武器術のサイ対木刀も見応えある型でした。そして恒例の坂本先生と中島先輩の裏技模範組手が始まり、これが終わると自分の出番だと思うと凄く緊張してきて、集中して見る事が出来ませんでした。自分の出番の時、持ち手の先輩からバットを切る事だけに集中して下さい。自分達に蹴りや・バットが当たっても構いませんからと言われ本当に感謝しましたし、絶対に切ってやるとの思いで渾身の力を込め蹴り一発で成功させる事が出来ほっとした時、皆様から暖かい拍手を頂き気持ちよく足を痛める事もありませんでした。

最後に師範の氷柱割りも一発で割り皆様の大きな拍手の中今年の演武会は終わりました。来年も是非参加したいと思います。

address 極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
Tel048-764-6363
E-mailhttp://www.miyama-dojo.com
P-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

無料体験・見学などのお問い合わせは


無料体験・見学
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All rights reserved.