8/1-2 世界大会型強化合宿in福島

※写真をクリックすると拡大表示されます。

レポート:長沢麗奈初段
私は8月1日・2日に世界大会型強化合宿に参加しました。 1日目は撃砕小50回・自由型50回(観空)の100回をやりました。私は100回という数の型をやるのは初めてで、最初はみんなについていけるか本当に不安でした。でも、精一杯頑張ろうと思いました。 実際数をこなしていくと、思っていた以上にきつかったです。そんななか世界大会の選手の方は、1回目と変わらず、一つ一つの動作におもさがあり、キレもあるまま100回という数をやっていました。そういうのを実際自分の目で見ると、世界大会で上位をねらう方は本当にすごいんだなと改めて思いました。そんなすごい選手の方たちと今一緒に同じ稽古をできるのはすごいことだと思うので、選手の方の型に少しでもちかづけるように自分の限界まで一生懸命に頑張りました。その結果、観空の途中で足をつってしまい、何回かできなくなってしまい、1日目は100回やりきることができませんでした。そのときは、とてもくやしかったです。この時、世界大会を目指すには今までの稽古の量じゃぜんぜんたりないことを改めて実感し、毎日の稽古の積み重ねがとても大切なんだなと思いました。
1日目の稽古がおわり、夜勉強会がありました。そこでは今日やった一人一人の型をモニターでみてどこがよくて、どこがわるいのかを先生方にみてもらいました。私が注意されたのは、うけが弱いなどでした。その部分は前から注意されてたところで、自分でも気をつけていたところですが、やっぱり数をおおくやると自分の悪いくせがみえてしまうことがわかりました。その注意をされたところを意識して2日目は頑張ろうと思いました。
2日目の朝は30分くらい歩きました。それから、1日目と同じように撃砕小50回・自由型50回をやりました。1日目と違って疲れも少しありましたが、きのうの夜に注意されたところを意識して、1回ずつ力強くやるように心がけました。自由型は50回という数をやるためにきのうと型を変えて、征遠鎮90回ラスト10回を観空でやることになりました。きのう観空を50回できなかったぶんを今日ばんかいするような気持ちで1つ1つをていねいに力強く自分なりに限界まで頑張りました。最後の方はとてもきつくなってきました。そこで手をぬいてしまっては、まったく意味がなくなってしまうし、自分のためにならないと思い最後はいちだんと集中してやりました。今日は自由型50回を全力でやることができました。そのときすごい達成感がありました。きのう100回できなかったこともあり、とてもうれしかったです。そのときの気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいです。
私は今回の合宿で1番精神面が強くなったと自分では思います。どんなにきつくても目標に向かって最後までやりきることはとても大切で、自分のためになるってことを改めて実感しました。今回世界大会の選手の方たちと一緒の合宿に参加できて本当によかったです。 私の目標は世界大会に出て、そのなかでも上を目指せる型の選手になることです。今回の合宿でいい経験ができたので、そのことを生かして目標に向かって一生懸命頑張りたいです。


                                 

address 極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
Tel048-764-6363
E-mailhttp://www.miyama-dojo.com
P-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

無料体験・見学などのお問い合わせは


無料体験・見学
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All rights reserved.