加圧トレーニングのメカニズム

短期間・短時間で運動の効果を増幅させる…。それが「加圧トレーニング」

筋肉の中を流れる血液の量を少しだけ制限した状態で運動をすると、運動によって起こるさまざまな効果が増幅するという現象が起こります。


加圧(ベルトで締める)して軽い負荷の筋肉運動をします。すると…軽い運動をしたにもかかわらず、乳酸などの代謝物が筋肉の中に蓄積します。これは 、筋肉の中の状態が、高い負荷の運動をしている時と同じような状態を意味し ます。


体に負担の少ないトレーニングでも、負担の大きいトレーニングを行っているのと同等の効果を短時間で可能にするのが加圧トレーニングなのです。

筋力アップのメカニズム

人間の筋肉には、速筋と、遅筋の2種類があります。遅筋は鍛えても太くなりませんが、速筋は太く発達します。筋力をアップ させるためには、速筋を鍛えることが重要です。


加圧トレーニングでは血流を制限することで、人工的に筋肉の酸素を制限し、少ない運動、少ない負荷で速筋を動かすことができます。


つまり、筋肉は加圧することによって、「激しいトレーニングをした!」と錯覚し、多量の成長ホルモンやノルアドレナリン等を分 泌させることによって、骨や筋肉の成長を促進させます。


加圧トレーニング後の乳酸濃度の変化加圧トレーニング後の成長ホルモン濃度の変化

血液循環向上のメカニズム

腕や足の付け根

腕や足の付け根に、適切な圧を加え、血液の量を制限すると、血液は入ってきますが出て行きにくい状況となり、普段使われることがない毛細血管に血液が流れていきます。その結果、酸素が細胞の隅々までいきわたります。

圧を取り除く

さらに圧を取り除くと、多量の血液が一気に流れ出します。 このとき、血管の内側では、それまで血管を妨げていた老 廃物などが速やかに取り除かれるようになります。


血管

血管が若返り血行が良くなることで、冷え症や肩こりが軽くなったり、目の下のクマが改善されたりする効果があります。


成長ホルモン分泌のメカニズム

加圧によって適度に制限した状態で運動することにより、速筋が活動して血液中の乳酸濃度が大きく上昇します。血流が制限されているため、筋肉から運び出されることができず、筋肉の中に乳酸がどんどん蓄積されます。乳酸が血中に溜まると、筋肉の中にある感覚神経が感じ、脳の視床下部は、脳下垂体に指令を送り、多量の成長ホルモンが分泌されます。


加圧トレー二ングをしたときの成長ホルモンは、通常のトレー二ングの約10倍、安静時の100倍以上もの成長ホルモンが分泌されます。多量の成長ホルモンは、血流に乗って全身をめぐり、脂肪細胞に作用し、中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解させます。


つまり、成長ホルモンがたくさん分泌されると、その分からだの中の脂肪が分解 されますので、体脂肪を燃焼させたり、肌の弾力を高め、若々しい体を保つ効果を発揮します。

成長ホルモンの効果
address
極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
TEL048-764-6363
ADDRESShttp://www.miyama-dojo.com
E-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

体験レッスン・見学などのお問い合わせは


体験」トライアル
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All Rights Reserved.