役員紹介

極真館 館長代理 首席師範 岡崎寛人

1961年4月福島県生まれ。
中学1年生で極真空手を始める。高校1年生から盧山初雄師範より指導を受ける。高校卒業後、盧山道場に入門し、6年間内弟子として盧山空手の真髄を学ぶ。大学卒業後は福島県に戻り、教員として勤めながら自身の稽古と後進の育成に励む。2002年12月極真会館を離れ、新組織「極真空手道連盟極真館」副本部長として就任する。また、内弟子時代より武器術にも取り組み、無外流居合兵道十五代宗家の塩川照成先生に師事する。2004年第十六代宗家を継承。現在は教員を続けながら極真館副本部長、技術委員長、福島県支部長として活躍。また古流空手道、居合道などを学び、型の第一人者として知られている。


極真館 館長代理 首席師範 岡崎寛人

極真館 副館長 本部長 湖山彰夫

1958年8月、鳥取県生まれ。
1979年、21歳で極真会館総本部入門。
後に盧山道場に移籍し、内弟子寮「盧山泊(ろざんぱく)」初代寮長を務める。盧山道場で武道空手の真髄を学んだ後、大山倍達存命時には山陰支部長に任命される。2002年12月極真会館を離れ、新組織「極真空手道連盟極真館」本部長に就任する。現在は会社経営の傍ら、極真館本部長兼、山陰支部長として活躍。全日本大会及び全日本ウエイト制大会の決勝戦では、常に主審を務めていることで知られる。


極真館 副館長 本部長 湖山彰夫

国際相談役 ジャック・サンダレスク

大山倍達が北米巡業中に対戦した数々の相手の中で、唯一ジャック・サン ダレスクだけが、実際にこの偉大な空手家の弟子となった。第2次世界大戦中、当時16歳だったジャック少年はロシア人に捕らえられ、 ドンバスという炭鉱所で強制労働の日々を過ごすこととなった。ある日、事 故が原因で生き埋めになったジャックは5時間後奇跡的に救出されるも、 両足がひどく潰れてしまった。彼は収容された病院で医者が彼の両足を切 断する計画であることを偶然知り、その日の夜シーツで足を包み、ドイツに 向けて必死の逃亡を断行した。逃亡に成功したジャックは大戦後アメリカ に渡り、その風貌から映画界に入り、マフィア役を務める事もあった。大山倍達と出遭ったのは、それから何年か後のことである。

ある日、身長195cm、体重190㎏近い巨人ジャックは、大山が手刀でレンガを割るのを見て、「ワッハッハッハッ、君は空手六段か。もしワシが2枚割ったら何段くれるかね?」と言って、実際に2枚のレンガを粉々に割ってみせた。しかし道場での戦いで、ジャックは大山に叩きのめされ、彼は大山の忠実な弟子となった。その後、長きに渡りよき友人として極真を支えて来た。

1970年代初頭からは、同じ大山の弟子である盧山初雄と親交を深め、その盧山が大山の追及した武道空手を正当に受け継ぐべく発足した今日の極真 空手道連盟極真館に深い理解を示し、この度、極真館の国際相談役として就任する。


国際相談役 ジャック・サンダレスク
address 極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
Tel048-764-6363
E-mailhttp://www.miyama-dojo.com
P-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

無料体験・見学などのお問い合わせは


無料体験・見学
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All rights reserved.