極真の精神

頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」
極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という 武道の格言から発した名称です。完成は無いと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極めようとする意です。
その極真の精神とは「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」というもので、創始者である故大山倍達総裁自身が長年の厳しい修行人生の中で確立したものです。
また、極真の挨拶「押忍」には、尊敬・感謝・忍耐という意味があります。心身を練磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真カラテの修行が、社会生活や人間関係にも生かされると信じます。

日曜親子教室 | 極真館 蓮田支部 見山道場

極真館のご紹介

創始者紹介

創始者紹介
極真空手 創始者大山倍達のプロフィールと座右の銘をご紹介します。

詳しくはこちら>>

館長紹介

館長紹介
極真館 館長 盧山初雄のプロフィールと修行心得をご紹介します。

詳しくはこちら>>

役員紹介

役員紹介
極真館の役員の方々のプロフィールをご紹介します。

詳しくはこちら>>

道場訓

道場訓
極真空手の「人生訓」とも言
える「道場訓」をご紹介します。

詳しくはこちら>>

address 極真空手道連盟 極真館 蓮田支部

極真空手道連盟 極真館 蓮田支部
所在地 埼玉県蓮田市上2-3-17
Tel048-764-6363
E-mailhttp://www.miyama-dojo.com
P-mailkyokushin@miyama-dojo.com

contact

無料体験・見学などのお問い合わせは


無料体験・見学
pagetop
Copyright (C) 2009 Kyokushinkan Hasudashibu. All rights reserved.